2015年度の役職予想

第5期 さくら学院 誰がどの委員になるか

新たに任命される役職がどうなるか、皆さん大体見当が付いていると思うが予測など行ってみようと思う。委員の任命は職員室が行うのが通例。昨年度は森先生が「トーク委員長は野津!」と連呼したおかげで野津 友那乃がトーク委員長に任じられていた。

今年度はそういったプッシュを聞かないので、順当な配置で決まるのではないかと思う。

生徒会長 磯野 莉音

ロジカで

ロジカで

第4期(2014年度)の卒業式で磯野 莉音が送辞を担当していた。例年、送辞を読む生徒が翌年度の生徒会長になっていたので、第5期(2015年度)の生徒会長は磯野 莉音で決まりだろう。

磯野 莉音は不思議ちゃんだったが、2年生になった頃から意識してしっかりしてきた。とはいえゴーイングマイウェイな性格は変わっていないので、周囲を引っ張ってまとめられるかどうか不安要素はある。

大賀 咲希か白井 沙樹を生徒会長にする方法もあったが、そうすると磯野 莉音が無任所大臣になってしまい成長が見込めないと職員室が考えたのではないかと思う。

残る3年生は大賀 咲希と白井 沙樹の2名。

トーク委員長 大賀 咲希

武藤彩未と背比べ

武藤彩未と背比べ

ファッションモデル出身者ばかり集まっているさくら学院の中で、大賀 咲希はビジュアル面のアドバンテージが無い。言い換えると容姿以外にさくら学院入りの決め手があったに違いない。

爆弾娘の異名を取る彼女はLoGIRLで毎回のごとく問題を起こしているが、やはりトークでこそ個性が生きると思う。

お喋りし過ぎて羽目を外すのが何時もの失敗パターンだ。ギリギリの所で上手く止められるようになればスリルある喋りが出来るようになる。場数を踏めば洗練されて上手く進行できるようになるのではないか。

プロデュース委員長 白井 沙樹

LoGIRL出演シーン

LoGIRL出演シーン

元父兄の白井は、本人のみならず父母までもがさくら学院の父兄という家庭環境にある。さくら学院の入学試験を何度も受験し晴れて生徒になった子で、さくら学院愛は水野 由結と双璧だろう。

さくら学院を内側から見ている水野 由結と外側からも見ている白井 沙樹。さくら学院愛が同じ様に強い生徒であるが、視点が異なっているので昨年度の水野 由結と異なったカラーで演出してくれるのではないかと期待できる。

しっかりした子なので生徒会長の線もあったが、セットプランや演出を考えさせたいのでプロデュース委員長にするのがいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です