三吉 彩花 Ayaka Miyoshi

三吉 彩花 みよし あやか

非の打ち所の無い美人女優へ

三吉 彩花三吉 彩花は見紛う事なき美人で、原宿でスカウトされてアミューズ入りした経緯も納得してしまう。身長170センチ以上と長身でスタイルもいい。

女性誌セブンティーンの専属モデルやテレビドラマへの出演の他、卒業後はテレビ番組へのレギュラー出演から主演映画まで公開されている。

その活躍ぶりから武藤のように事務所の推しが強そうだが、ドラマなどはオーディションを受けて自ら取ってきた仕事だ。仕事に対する心構えも出来ていて、沖縄の離島を題材にした主演映画では、現地の人に見られたいと努力を惜しまなかった。さくら学院で学んだことも多かったのだろう。

将来の夢はモデルも出来る女優で、国際派女優が目標だという。韓国の研究が趣味との事だったので、韓流ドラマへ出演したいのかも知れない。

三吉 彩花オフィシャルサイト

性格はツンデレ

三吉 彩花 ウインクしてニャン森先生による進路相談で『三吉 彩花は「デレ」の部分を出すと武器になる』とのアドバイスを頑なに拒否して見せていたが、その拒否する姿に甘えが内包されており既に「デレ」が出ていたので森先生の見立ては正しいと思う。

自称『どS』といい、在籍中は取り入る隙を見せないツンツンした発言がいい味を出していた。

生徒によると楽屋では甘えん坊な面も出していて、『猫のまねでウインクしながらニャンという芸』をやっているそうだ。この芸は一度だけTVで披露している。(画像)

芸と言えば物真似も出来る。TVでモデルのローラの物真似を本人の前で披露して喝采浴びたほど上手。この様にクールでツンツンした一面と面白く人懐こい面の同居したキャラクターが三吉 彩花の特徴となっている。

歌って欲しい女優

忘れがちだが、新聞部で見せた透明感のあるキレのいい声も印象深い。さくら学院に入って歌が好きになったと語っているので、出演するドラマの中で歌ったりするとファンならずとも好印象を受けるだろう。

卒業後に出演したCMでのワンシーン

卒業後に出演したCMでのワンシーン


さくら学院卒業後の主な活動

【映画】『グッモーエビアン』(2012)ハツキ役、『旅立ちの島唄~十五の春~』(2013)初主演など。

【TV】日本テレビ『メレンゲの気持ち』(2014~)レギュラー出演、日本テレビ系連続ドラマ『エンジェル・ハート』(2015)ヒロイン役で出演(原作アニメHP)、関西テレビ放送『GTO』など。

特集ページ:三吉 彩花が実写版『エンジェル・ハート』のヒロインに!

【雑誌】seventeen専属モデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です