日高 麻鈴 Marin Hidaka

日高 麻鈴 ひだか まりん

日高 麻鈴

表現する前に立ち止まって検討する子。もっさりとした印象を受けるも、それは慎重かつ堅実な彼女の性格の表れである。

そのためストレートな感情表現は苦手なようだ。緊張しやすいようで、なかなか素の姿を出せないでいる。

彼女は至って真面目な性格のようで、「ちゃんとしなきゃ」という気持ちが自分自身にプレッシャーをかけてしまっているのが見て取れる。

英会話が得意 日本人としては発音も良い方。自ら言うようにネイティブ・スピーカーとは異なるが、現場で実際に使われている英語はInternational Englishだし日高くらい出来れば問題なく通じる。

※日高の高は(はしご高)で、誤記ではないかとのご指摘をいただく。はしご高はJIS規格指定の漢字ではない為に表示できないデバイスもあり得るので、当ブログでは様々な環境での可読性の担保の為に「高」と表記していることをご了解いただきたいと思います。

妖精が見えるらしい

転入生オリエンテーションの日高 麻鈴

転入生オリエンテーションでの日高 麻鈴

ファンタジー 日高 麻鈴は「景色の良いところで妄想している時、一番幸せを感じる」という。自分の背中に羽が生えて空を飛んだり人魚になったりと現実の中での妄想を指すようだ。ファンタージー感漂う話で、「住んでいる世界は2次元」と言っていた卒業生の堀内 まり菜を思い起こす。

さくら学院の転入生オリエンテーションでは「頭の中の妖精達が・・」と言う話をして森先生を困らせていた。結構真顔で言うので、本当に見えているのかも知れない。

彼女がステージに馴れ、どんなカラーを出していくか楽しみにしたい。


最終更新日:2016年9月5日

2件のフィードバック

  1. 麻鈴ふぁんより より:

    日高ではなく日髙です。修正願えませんか?

  2. elcondor より:

    「日髙」ですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です