さくら学院 2017年度

2017年度さくら学院の生徒達

2017年度さくら学院の生徒達

顔笑れ!! 史上最高のさくら学院に

2017年度さくら学院の特徴

本年度の生徒会長を託された山出愛子が言った、「どんなことがあっても支え合って、たくさん泣いて、たくさん笑えるさくら学院を作っていきたいです。父兄さんたちにとっても、私たちにとっても史上最高のさくら学院に絶対してみせます!」という言葉に、2017年度さくら学院の方向性が示されている。

注目の2017年度転入生は小等部5年の2名で、ちょうど卒業生の人数と同じ。2017年度さくら学院は生徒総数12名での活動となる。

そしてイスカンダル約束の地へ

 思うに2017年度さくら学院のキーワードは「顔笑れ!!」ではないか。さくら学院の楽曲「顔笑れ!!」のPVをご覧になった方ならば卒業生達が何を目指していたのかは一目瞭然。そう、多くのアイドルが夢に見る、目標とする、あの場所だ。

 中元すず香以降の歴代生徒会長や多くの先輩の薫陶(くんとう)を受けて育った山出愛子は、きっと「私がやらなきゃ」と決意を胸に秘めていると思う。

 2017年。いよいよ、さくら学院が360度ステージへ向かって歩き出す!。

さくら学院の集客力

 さくら学院は年齢的に幼い小中学生ユニットであるが、集客力は年齢の高いアイドルにも引けを取らないどころか大多数のアイドルよりも大きい。昨年度開催のイベント動員数をざっと見てみよう。

  • 2/13 The Road to Graduation 2015 ~Happy Valentine~ 赤坂BLITZ:約1,250人(ソールド・アウト
  • 3/22 The Road to Graduation 2015 ~放課後アンソロジー レッツ スタンディング~ Zepp DiverCity:約2,450人(ソールド・アウト
  • 3/27 2015年度卒業公演 神奈川県民ホール 大ホール:約2,400人(ソールド・アウト)+全国20館以上でライブ・ビューイング開催
  • 5/6 2016年度転入式 中野サンプラザ:約2,200人(ソールド・アウト
  • 11/12&11/13 学院祭 舞浜アンフィニシアター:約2,100人x2公演(ソールド・アウト

 他にも、夏休み期間中に開催された「秋桜学園合唱部」の連続公演で延べ4,000人を動員。TIF2016では出演した全公演が満席になる等、破竹の勢いといって良い。(TIF2016では、さくら学院を観る為に炎天下で1位時間程度並んで待たなければならなかった。)

 さくら学院の現在の集客力は、一度のイベントで4,000人から6,000人程度ではないかと考えて良さそうだ。 こんな大人数を収容できるホール会場など有るはずも無いから、ホールの次を考えなければならないだろう。

ホール公演全てがソールド・アウトでアリーナ進出は必然?

 さくら学院が主催イベントを開催した全てのホール会場でソールド・アウトしたため、もはや2千人規模のホール会場では手狭となってしまった。これから2016年度以上の集客を目指すとなればホールで複数公演をこなすか又はアリーナクラスの会場を使うしかないが、体力の少ない子供達が歌って踊る本公演を短期間に何回もこなすのは無理がある。

 加えて、過去に2日連続で計3回公演した時(2015年度学院祭)でさえ約3,900枚のチケットがソールド・アウトしてしまった実績もある。それでホール公演に加え映画館でのライブビューイングも実施するようになったのだろう。

 収容人数が5千人規模で音楽ライブを行える会場が都心部にあればいいのだが、残念ながらそんな都合のいい話は無い。次善の策としてアリーナ会場を仕切って使う方法が職員室の検討課題となっているのではないか。例えば武道館の中央付近に背後が壁になっているステージをあつらえて6千人とか8千人程度の会場として使う方法がある。BABYMETALの様に武道館の中央部に島の様なステージを作ると1万人収容だ。

 現在利用可能な東京近辺のアリーナ会場は、さいたまスーパーアリーナ(収容人数およそ2万人)、横浜アリーナ(同1,6万人)、代々木第一体育館(同1,3万人)、国技館(同1万人)、そして日本武道館(同1.1万人)が候補として挙(あ)げられる。

会議も強気でOK?

 さくら学院の所属事務所である(株)アミューズは、アリーナ会場を使うほどの人気アーティストを多く抱えている。よって、これらの会場の内でいくつかの日程は確実に押さえているだろう。

 アミューズ内での作戦会議(みたいなもの)で、さくら学院職員室がアリーナ会場を取るための道具は結構ある。

  • 過去2年以上に渡り2千人クラスの主催ライブ全てを完売している
  • 秋桜学園合唱部の連続公演もチケット完売
  • LoGiRLの閲覧者数が凄かった(らしい)
  • TIFでは整理券クラス(欅坂46やAKB48 Team8(配布数2,000枚))に迫る人気
  • 関連グッズの売れ行きも上々

(CD・DVD等の販売実績は筆者はちょっと分からないので割愛。握手会や選挙とかの拡販手法を採用していないので、何十万枚という事は無い。)

 奥の手として卒業生を交えた企画「さくら学院祭(大)」等も考えられる。これならば大人気アーティストを何人も呼べるので1万人くらいの観客動員は楽勝だ。ありゃ、だいぶ話が横道にそれてしまった。( ´艸`)

 果たして、さくら学院がアリーナ会場を使う事は出来るのだろうか?

※アリーナ進出話は、あくまで筆者の想像。話半分に聞いてください。もしも、さくら学院が武道館公演を実現したらBABYMETALの女性最年少単独公演記録(平均年齢14.7歳)を塗り替えるニュースですね。


生徒会の陣容

生徒会長 トーク委員長 教育委員長 顔笑れ!!委員長
山出 愛子(中等部3年) 岡田 愛(中等部3年) 麻生 真彩(中等部2年) 岡崎 百々子(中等部3年)

以下、近日中に更新予定。


過去のさくら学院

さくら学院2016年度 さくら学院2015年度