田口 華、虎姫一座入りの夢は叶うのか?

虎姫一座

虎姫一座

虎姫一座をご存知だろうか。昭和歌謡のリバイバルをコンセプトにしたレビュー・ショーで、さくら学院を本年度を以って卒業する田口 華が事ある毎に「入れるものなら入りたい」と告白している片思いの相手だ。

田口 華

田口 華

今日、WOWOWで虎姫一座が六本木アミューズ・ミュージカルシアターで行った特別公演の模様が放送された。丁度いいタイミングなので筆者もじっくり見させてもらったよ。

その虎姫一座、番組の開始早々「青い山脈」が流れ、どんどん昭和っぽいセピア色の世界に引き摺り込まれてゆく。昭和世代の筆者は開始から10分もすると青春の青臭い気分が充満し、むせかえるほどだ。

チラッと写りこんだ客席は、筆者と同年輩かもう少し年配の観客で一杯。なんか「同窓会コンサート」と同じ空気が漂っているし、人口がひときわ多い団塊の世代を相手にする芸能としては的を得ていると思った。

レビューは全体的に、中年世代が大変楽しめる内容といえる。地元でライブ・ビューイングでもあれば夫婦で観てみたいと思わせる公演だった。(この公演もライブビューイングに掛かっていたが、筆者の住む僻地県では開催されなかった・・。)

虎姫一座は筆者の住む田舎には来てくれそうに無いけど、来てくれた昭和アイドルの公演なんかは観に行っているよ。この前は山本リンダが来たし・・。(筆者の記憶にある彼女は「こまっちゃうな」の山本リンダ)

田口 華が虎姫一座に入れるとしたら・・

ところで田口 華が入れるとしたら何時ごろか考察してみた。年齢が若すぎるという点は時間が解決するとしても、虎姫一座の出し物には和風の踊り要素が多く取り入れられているのが問題というか課題。あれを演じるには日本舞踊の素養が必須だろう。華ちゃん、日本舞踊は習っているかな?

入るまでが大変そうだ

同じアミューズ所属とはいえ、簡単に入れてくれる訳はなし。あの観客の中に若い娘が混じっていたら目立つから、せっせと公演に通ってメンバーに顔を覚えてもらい、今の内に合格率を底上げしておこう。(笑)

冗談はともかく、順当にいっても高校卒業後に研究生として入り・2年ほどして成人後にデビューという感じではないか。研究生として入れたとしてもデビューまで何年も掛かるかもしれないし。

デビューは最短で5年後か?

今年から高校生となる田口 華は、まだまだ半人前。現メンバーは20歳から30歳の年齢層だから、現在15歳の田口がデビューするとしたら早くとも5年後が妥当か。

その頃には観客の中心世代も変化しているだろうから、虎姫一座の出し物も観客に合わせ昭和40年位までずれたものになっていることだろう。

華ちゃん。本当に口に出すと叶うんだよ!

見かけによらず消極的で、思った事をなかなか言い出せなかった田口 華。森先生の指導の甲斐あって「口に出すと、ホントに叶うんだよ!」というところまで成長できた。これからは自分を信じて夢に向かっていって欲しい。頑張れ!

2件のフィードバック

  1. hide より:

    はじめまして。楽しく拝見しています。田口華ちゃんと虎姫一座のことを深く掘り下げた記事は他では見たことがありませんでした。虎姫一座はかなり前に浅草での公演を観に行きました。最後はお客さんも全員大合唱で凄い盛り上がりでした。演目は相当高いレベルですし、食事をしながら見られるステージですので、出演者に高いスキルが求められるのは間違いないですね。
    華ちゃんはステージ指向のようですから、これからどんな挑戦をするのかが楽しみです。

    • Shin Shin より:

      hide様 私は虎姫一座をWOWOWの放送で観ただけですが、レベルの高いステージと思いました。田口 華は先日もタワーレコードのイベントで虎姫一座入りを希望していましたし、歌の考古学では山口百恵の歌を熱唱するなどドップリと嵌ってしまっています。もう虎姫一座以外の進路が見えないようなので、先生方にも助力願いたいところですね。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です